THINKING MEMO

雪でしたね。

色んなSNSでは雪を楽しんでたりな画像の投稿で雪だらけ。
と、言ってる自分も雪の投稿はしちゃいました。
だって珍しいんだもん。

CZiGSePVIAAZl1v.jpg-large

スクリーンショット 2016-01-26 13.52.43

夜中に出る用事があったのでスタッドレス装着済み(人生初)の車で出かけてみたら、福山じゃなくてちょっと旅行でもしたんじゃないかくらいの雪景色。パウダースノウでキラキラしててキレイだった。

福山って色々恵まれてるなとつくづく思うわけです。
こういう時にこそ。

 

40年の大寒波がこのクラス。一昨年の方が積もったんじゃなかろうか。

水道凍ったりとか大変だったみたいだけど、台風だって「直撃だ―」が普通の雨だったり。

 

津波の心配もほとんどなく、地震は揺れても震度2とか3。
寝てる時に来ても個人的には起きれないです…笑い事じゃないけど…起きれない。

 

多かれ少なかれ被害にあってる方もいるとは思いますが、総合的に見てほんとに過ごしやすい、暮らしやすいという意味ではかなりレベルが高い場所だと思う。
そしてサニーズロックでも地方を駆けまわってる先輩方にかなり言われる。

それくらい福山って場所はいい場所なんだよねー。

「ナニモナイケド」

という言葉をよく付け加えたくなるけどね。

 

と、ある時こういう記事を読みました。

 

2011 年以降の対前年人口増減率はずっとマイナスをキープしており、これから先もずっと人口は減り続ける。人口減少による地方都市への影響は深刻で、産業の減退、シャッター商店街の拡大などに苦しむ都市は増えていくと予想されています。

地方都市にとって、地方創生や町おこし・村おこしは「生存戦略」と言っても過言ではありません。しかし、そのような厳しい状況でも地方創生に成功している自治体があります。彼らの戦略の共通項は、

  • 一過性ではなく、持続可能なまちづくりを行うこと
  • 自治体が持っている良さを客観的に見直し、最大限活かすこと

にあります。

 

 

福山もこういうこと考えないといけないんじゃなかろうか。
せっかく新幹線止まる駅からお城が見えるって絶好の推しどころなのに見つかったお堀は埋めてどこにでもありそうなぷちオシャレ風に。駅前で立つのはマンションだらけでますますベッドタウン化してるし、シャッター街はアーケード外してアスファルト。郊外型推しで駅前に人は集まらん上に家賃は高く(個人的な見解)空き店舗ダラケな完全マイナススパイラル。

これが福山らしいと言えば福山らしい。笑

 

観光地としても福山たる所以としても特色になり得るものを排除し、相当な額のお金かけてキレイに整備して。水漏れして追加料金。そんなにお金かけたのに今では不便だと有名。

 

どっちにしてもやるならとことんやろうよ。

 

住みやすいけど、何もない。
何もないわけじゃなくて他所の街は感じやすくされてる。福山はそのへん至って感じにくい。

 

個人的には「福山じゃないと味わえない空気」を感じやすくして欲しい

 

キャッチーな店の前の雪の写真で書き始めたのにこんなところまでいってしまった。笑

何か、出来たらいいなぁ…。

星田 祐希

About 星田 祐希

広島県福山市出身ドラマー兼カフェバーオーナー&デザイナー。通称、ホッシー(HOSSY)Design/Drums/Name/Brand/Band/Owner/Organize/Works/Web/Sk8&Snow Board/Sunny's Rockをこよなく愛す。飽き性だが、好きなことはとことん付き合う。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください